和菓子教室

自宅で和菓子教室を開く方法~カリキュラム作り編

和菓子教室

自宅で和菓子教室を開きたい方向けのブログです。

本記事では、自宅で和菓子教室を開く際に、もっとも重要なカリキュラム作りについて解説します。

私が運営している、京都和菓子の学校で、受講された方々にご紹介している内容で、成功されている情報も含めながら、解説していきます。

その前に、前回のブログでご紹介した「自宅で和菓子教室を開く方法~和菓子のプロが解説~」をまだ読んでいない方は、先にご覧くださいね。前回の記事はこちら「自宅で和菓子教室を開く方法」

自宅で、和菓子教室を開く時に、最も大切なこと。

それは、年間を通したカリキュラム作りです。

例えば、お客さんはこのようなことを考えています。

どんな和菓子が作れるのかな?

季節ごとに何を作るのか知りたいなぁ。

むずかしくないかなぁ。

お客さんは、せっかく和菓子教室に通うので、出来れば色んな種類の和菓子を作りたいと思っています。

なので、あなたの和菓子教室では、いろんなジャンルの和菓子を、四季折々作ることが出来るという、カリキュラムを示す必要があるのです。

そのためには、市場調査が必要です。

他の和菓子教室を調べる。または体験する。

まず、市場調査で大切なことは、

1、他の和菓子教室では、どのようなカリキュラムで行われているのか。
2、お値段はいくらなのか。
3、どんなシステムになっているのか。
4、先生のレベルはどうなのか。

などを調べます。

この市場調査は簡単で、ネットで検索すればすぐにわかりますよね。また色んな和菓子教室のホームページを見ることで、その教室の雰囲気などもわかってきます。

もしあなたが、気に入った和菓子教室があればチェックしておきます。大切なことは、他の和菓子教室を色々調べて、特徴を書き出すことです。

またお試し体験などあれば、実際に行ってみることです。

すると、どんな所でやっているのか自宅であればどれくらいの広さでやっているのか設備はどのようにされているのか生徒は何人ぐらいか、などがよくわかります。

そして、あなたが疑問に思っていることなどを質問してみたり、パンフレットなどがあればもらってきます。

このように、まずは実際に他店に行ってみることです。 あなたにとって得るものはとても大きいと思います。

和菓子の種類を把握する。

和菓子と一言で言っても、たくさんの種類があります。

1、上生菓子(京菓子)・・・練り切りやこなし、きんとんなどお抹茶のお茶うけに出すような華やかな和菓子。

2、朝生菓子・・・朝作ってその日の賞味期限のようなみずみずしい和菓子(餅類、団子類など)

3、どら焼き・・・栗どら焼きや生クリームを挟んだどら焼きなど

4、蒸し饅頭・・・蒸気で蒸しあげて作る。温泉饅頭が代表的。

5、流しもの・・・水ようかんや金錦(きんぎょく)のような型に流して冷やし固めるもの。

6、あん炊き・・・粒あん、こしあん、味付けあんなど

和菓子教室で教えるのであれば、上記の和菓子が主になると思います。四季折々それぞれ変化ますので、かなりの種類を作ることができます。

これらの中から、お客様が魅力的だと思う、作ってみたい和菓子を選ぶ必要があります。

まずは、マネをすることから始めます。

競合店を調べていくと、どんな種類の和菓子が、カリキュラムに入っているのか、わかってくると思います。

そして、いくつかの和菓子教室を比較すると、同じ種類の和菓子を教えている事が分かります。

それは、お客様の要望が高い和菓子だという事ですので、あなたもその和菓子をカリキュラムに入れると良いでしょう。

いわゆる他店を参考にする訳ですね。参考にするといっても、まったく同じデザインの和菓子を作るわけではなく、お客様に人気のあるジャンルを参考にするという事です。

例えば、他店では豆大福がカリキュラムに入っているとすれば、あなたはよもぎ大福にすればいいですし、イチゴ大福も作ればいいと思います。

イチゴ大福などは、どこの和菓子教室でも春のカリキュラムの中に入っています。あくまでも、人気のジャンルをマネするという事です。

また、ご家族、お友達にも意見を聞いてみたり、あなた自身が作ってみたいと思うものも、カリキュラムに入れます。比較的簡単に作れるものと、少し難しい物との組み合わせが良いでしょう。

四季(春夏秋冬)でアイテムを考える

和菓子は、季節感を表すものです。カリキュラムを考えるときは、四季で考えます。

例えば、春(3月~5月)であれば、ひな祭り、お彼岸、桜、端午の節句などのイベントがあります。これらを題材として和菓子を考えます。

これらもネットで検索すれば色々出てきます。

また地元ならではのお祭りや、慣習などを題材にするのも良いでしょう。

和菓子は、その地域ならではのものも多く、その歴史なども教えてあげると、お客様も大変喜ばれることでしょう。

実際にやってみます。

ある程度カリキュラムが出来れば、家族や友達などに参加してもらい、実際に和菓子教室を行ってみます。

あなたが考えたアイテムを、実際に教えてみると、上手にできなかったり、説明が難しかったりして、思いのほか上手く行かない場合が多々あります。

そんな時は、デザインを変更したり、説明の方法を変えて修正していきます。

ここでの注意点は、楽しく作っていただくことです。

決して、和菓子職人を目指しているわけではないので、楽しく作って頂けるように工夫します。

見たことある、知っている和菓子でも、作ったことがなければお客様にとって新鮮です。

ありきたりかなと思って凝りすぎると逆効果かもしれません。実際にやってみて意見を聞きましょう。

あなた自身も楽しい和菓子教室に

今日は、和菓子教室を開くときに、一番大切なカリキュラムについてご説明しました。

漠然と考えても一向に決まりません。まずは、他店の和菓子教室を調べてみること。どんなふうにしているのか見に行ってみること。

そしてマネをしてみることです。

例があるとやりやすい物です。他店を例として、自分だったらこのようにやってみよう、という具合に変更していけばいいのです。

カリキュラムが大まかにできれば、まずは試してみることです。やってみると良い点、改善点が見つかるはずです。

お客様を楽しませるカリキュラムも必要ですが、教えるあなたが楽しくないと、和菓子教室自体が楽しくありません。

是非あなた独自の和菓子教室を作り上げてくださいね。

ご質問のある方は、下のコメント欄からお願いいたします。

京都和菓子の学校

お問い合わせ

 

タイトルとURLをコピーしました