和菓子職人

【プロが教える】桜もちの作り方、コツをお知らせします。

和菓子職人

春の和菓子の代表である「桜もち」。

美味しい桜もちを作るコツを、和菓子のプロがお知らせいたします。

美味しい桜もちを作るコツとは。

桜もちは、とてもシンプルな材料でできています。

・道明寺粉

・砂糖

・こしあん

・色粉

・桜の葉

それだけに、素材の味がダイレクトに出てきますので、

それぞれの工程を、しっかりと抑える必要があります。

まずは、生地の説明から。

道明寺粉を理解しよう。

道明寺粉とは、もとはもち米です。もち米を蒸して餅を作り、乾燥させて、割ったものが道明寺粉です。

なので、桜もちを作るときには、道明寺粉に水分を吸わせて、蒸らしてやるのが、一番おいしく出来上がります。

具体的には、

1、鍋に、お水と砂糖を入れて沸騰させます。

2、その中に道明寺粉を入れて混ぜます。

3、道明寺粉が、砂糖水を吸ってきますので、もったりとしてきたら火を止めます。

4、ふたをして、1時間蒸らします。

もとがもち米ですので、水分をしっかりと吸わせて、蒸らしてやります。

もしくは、蒸気で10分くらい蒸す方法もありますが、やっている意味は同じですので

どちらでも、美味しく出来上がります。

桜もちに合ったこしあんが必要。

桜もちの中には、小豆のこしあんが入っていることが多いですが、桜もちに合うこしあんを作る必要があります。

一言でこしあんと言っても様々あるのですが、

具体的には、

・桜もちの餅生地の食感に合うこしあん。

・餅生地の甘さとこしあんの甘さの調節。

・餅生地とこしあんの割合。

これらが、上手く釣り合うことで、美味しい桜もちを作る事が出来るのです。

そして、餅生地でこしあんをきれいに包む必要があります。

ここで、必要なのが包あんの技術ですが、包あんについては、別のブログでをご参考にしてください。

色付けは慎重に。

最後に色付けですが、ピンク色と言っても様々で、本来の色は「桜色」に染めます。

しかし、本当の桜色は、色合いが薄く、お菓子にしたときには、ぼやけた感じになりますので、

実際は、桜色より少し濃い色に染めてやります。

また催事などで、屋外で販売される場合などは、色合いを少し明るめにするために、

濃い目に染めてやると、色合いが映えます。

色を染めるタイミングは、水と砂糖を沸騰させるときに、そもそもピンク色に染めておきます。

そこに道明寺粉を入れるという段取りになります。

くれぐれもショッキングピンクにはならないように、気を付けてくださいね!

まとめ

今日は、桜もちを作るときのコツをお話ししました。

大事なのは、どんな材料なのかを把握し、その材料の美味しさを引き出す作り方を行う必要があります。

今回でしたら、道明寺粉は、もち米由来のもので、もち米を蒸して餅を作り、乾燥させて、割ったものなので、

水分を吸わせて、蒸らしてやるのが一番おいしくなるという事です。

作り方は、簡単なので是非、挑戦してみてくださいね。

ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

京都和菓子の学校

お問い合わせ

 

 

タイトルとURLをコピーしました