和菓子職人

和菓子の学校とはどんなところですか?

和菓子職人

こんにちは。京都和菓子の学校の校長をしています水内です。

「和菓子の学校とはどんなところですか?」

と言うご質問を頂きますので、簡単に特徴をご説明させて頂きますね。

短期間で、和菓子作りの基礎技術が学べる。

京都和菓子の学校の特徴は、一番大事な和菓子の基礎技術をしっかりと学んで頂くことです。
何をするにも、まずは基礎が大事ですよね。この基礎が出来ていないと上質な和菓子ができません。しっかりとした基礎技術を学んで頂きます。
和菓子の基礎技術で、一番大事なのが「包あん」です。あんこを皮で包む作業です。これが上手に出来ないと和菓子自体美味しくないし、形も上手に出来ません。
私の場合は、約1か月ほど習得するのに時間がかかりましたが、京都和菓子の学校独自の教え方で、早い方で約2時間程度、遅い方でも4時間から約1日あれば、販売できるくらいきれいに包まれるようになります。
修行に行かなくても、実践的な指導を行っていますので、習得が早いのです。

京都和菓子の学校は、和菓子に一番大事な基礎技術をしっかりと学び、習得して頂く場所です。

マンツーマン指導。

7日間と言う最短の道のりで、和菓子の基礎技術を学ぶためには、マンツーマン指導が欠かせません。
また受講生によって、器用な方、不器用な方、お店を開業したい方、趣味で作りたい方、教室の先生になりたい方、様々な目的をもって受講されます。
すると、目的や技術習得のスピードが各それぞれ違いますので、その方が満足して技術を習得できるように、マンツーマン指導で行っております。

得意なところ、不得意なところもありますし、学んでいくうちに目的が変わったり、もっと掘り下げて学びたいということも多々あります。そんな時でも柔軟に対応できるマンツーマン指導が一番良いと思います。

技術習得には、マンツーマン指導が欠かせませんね!

あなた専用のカリキュラム作り

和菓子の学校では、受講されるかたの目的によって細かなカリキュラムをお作りしています。

和菓子店人気の5ジャンルである、上生菓子、餅団子、どら焼き、蒸し物、流しものを学んで頂くのですが、受講生によっては、上生菓子の練りきりを主にやりたい方や、流しものはいらないので、大福もちを詳しくやりたいというご要望もございます。

そんな時には、目的に合わせてカリキュラムを変更しています。

また、講習が始まっていても柔軟にカリキュラムを変更する場合もございます。その方にとって最適なカリキュラム作りを行っていきます。

受講される方に合わせたカリキュラム作り。最短の道のりで和菓子の技術を習得するには、柔軟なカリキュラム作りが欠かせませんね。

あなたの素晴らしい逸品を!

和菓子の技術を学ぶためには、修行に行かないといけない。製菓学校に通わないといけないと思っている方が多いのですね。

確かに修行に行くことは勉強になりますし、素晴らしいことです。また製菓学校に通うことは、様々な知識も勉強できますので、とても役立ちます。

しかし残念ながら、とても時間がかかります。

今社会人の方や主婦の方が、製菓学校に通ったり修行に行くことは、事実上できないと思います。また自分が作りたい和菓子の技術だけを教えてくれるわけでもありません。

そんな方のご要望をかなえるために、京都和菓子の学校では様々なコースをご用意しております。短期間に和菓子の勉強をされて、あなただからこその逸品をお作りいただきたいと思います。

 

あなたが学びたい和菓子の本格的な技術を、短期間で学び、あなただからこその和菓子を生み出して、お客様に喜んで頂けると最高ですね!

今日は、京都和菓子の学校とは、どんな所なのかについてお話ししました。もっと詳しく話を聞かせてほしい、会って話がしたい、などのご要望がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせくださいね。見学も行っています!

京都和菓子の学校

・メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ。 

・お電話でのお問い合わせ

☎080-5313-1841

また動画でもお話ししていますので、是非ご覧ください。(チャンネル登録もお願いいたします)

和菓子の学校とはどんなところですか?和菓子職人を育てる京都和菓子の学校【和菓子の作り方】を詳しくお教えする和菓子の実践学校
タイトルとURLをコピーしました