和菓子職人

「プロが教える」いちご大福の作り方のコツ。

和菓子職人

いちご大福を美味しく作るには、やはりコツあります。

本格的ないちご大福を作りたい方、必見です。

いちご大福の美味しい作り方。~餅生地~

まずは、餅生地からご説明します。

あなたは、大福もちを作るときに、餅粉を使いますか、それとも白玉粉を使いますか。

どちらも、もち米由来のものですが、いちご大福を作るのなら、餅粉を使ってください。

もちろん白玉粉でも代用できますが、だんぜん餅粉の方が美味しいです。

白玉粉は、白玉を作るときにご使用ください。

なぜ、白玉粉ではなく餅粉の方が美味しいのかについては、別の時にお知らせします。

まずは、いちご大福を作るなら、餅粉と覚えてくださいね。

レンジでは、美味しくできません。

大福もちを作るときに検索すると、よく「電子レンジを使って簡単にできます」などの情報が

多数出てきますね。

しかし残念ながら、電子レンジでは、美味しくできません。

なぜなのかご説明します。

餅粉は、生の餅米を粉にしただけのものです。なので、当然熱を入れないと食べられません。

しかし、熱を入れただけでは、食べられる状態にはなりますが、美味しくありません。

そこに水分が加わらないと、餅は美味しくできないのです。

要するに、熱+水分=おいしい餅が出来ます。

熱+水分=蒸気ですね。なので、餅を作るときは、蒸気で蒸すのが一番おいしい訳です。

いちご大福に限らず、大福もちを作るときは、蒸気で蒸すのが一番おいしいと覚えてくださいね。

あなたは、粒あん派、こしあん派、白あん派?

いちご大福のあんこについてです。

ネットで見ると、粒あん、こしあん、白あんのいちごが大福が出てきますね。

どのあんこが美味しいかは、人それぞれですが、京都の和菓子店では、白あんのいちご大福が

ほとんどです。

その理由は、いちごの美味しさを引き立たせるのは、白あんだという意見が多いようです。

要するに、小豆の粒あんやこしあんは、それぞれ小豆の風味があり、その風味といちごの香りが

合わさってしまうと言う理由です。

これは、地域によって違うようで、関東方面では、小豆のこしあんが多いようです。

まとめ

和菓子店で販売されているような、いちご大福を作るには、白玉粉ではなく、餅粉を使って作る。

そして、レンジではなく蒸気で蒸すことが大事だという事です。

もちろん主役である、いちごが美味しくなければ、いけませんが、いちごを包むあんこの種類によっても

かなり味が変わりますので、いろいろ試してみてくださいね。

いちご大福の作り方にに関してのお問い合わせは、下記からお願いいたします。

 

京都和菓子の学校

お問い合わせ

 

 

タイトルとURLをコピーしました